医院紹介

Information

機材紹介

  • スペキュラーマイクロスコープ

    スペキュラーマイクロスコープ

    角膜のいちばん内側にある角膜内皮細胞の形状や数を検査する機器です。白内障の術前後の検査や、コンタクトレンズを日常的に使用している方の角膜障害検査などに使用します。

  • 光学式眼軸長測定装置

    光学式眼軸長測定装置

    白内障の術前検査で、角膜の頂点から網膜までの長さをレーザーで測定。正確性が高いことに加え、従来の超音波式と異なり、機器が直接目に触れることなく、安全性が高いことも特徴です。

  • オートレフケラト

    オートレフケラト

    近視・遠視・乱視の度数や、角膜のカーブの具合を測定する機器で、眼鏡やコンタクトレンズを処方する際に使用します。

  • オートレンズメーター

    オートレンズメーター

    レンズを載せるだけで、正確・スムーズに度数を測定することができます。単焦点レンズか累進レンズかも、すばやく測定可能です。

  • ハンフリー自動視野計

    ハンフリー自動視野計

    視野の中心部を詳細に調べる検査機器で、緑内障などの早期発見や経過観察に力を発揮します。

  • ゴールドマン視野検査

    ゴールドマン視野検査

    目を動かさずに見える範囲を調べる視野検査にはいろいろな方法があるなか、当院では視野全体を測定する際、ゴールドマン視野検査を採用しています。ドーム状の機器を使い簡単な検査を行うことで、緑内障や網膜の病気を診察することができます。

  • 光干渉断層計

    光干渉断層計

    網膜疾患の診断に使用します。網膜の断面を映像化することで、病状の変化が分かりやすくなるため、治療の効果を正確に判断することが可能です。また、緑内障の早期発見にも効果的です。

  • 前眼部光干渉断層撮影機器

    前眼部光干渉断層計

    光を使って目の断面画像を撮影する検査機器をOCTといいます。光を使っているため、目に負担がかからないのが特長。CASIA2は角膜や水晶体など、目の表面に近い部位の形状を解析することに特化した最新のOCTです。

  • 眼科手術顕微鏡

    眼科手術顕微鏡

    手術時の目の負担や、合併症発生のリスクを軽減することができ、大学病院や総合病院など、多くの医療機関で使われています。

  • ヤグレーザー手術装置

    ヤグレーザー手術装置

    衝撃波タイプのレーザーにより、正確で、高速の繰り返し照射が可能。白内障手術後に生じる後発白内障の治療や、急性緑内障の治療(虹彩切開)に有効です。

  • レーザ光凝固装置

    レーザ光凝固装置

    糖尿病網膜症や網膜静脈閉塞症など、眼底の病気の際に行う「網膜光凝固術」で使用。点眼麻酔の後、網膜にレーザーを照射して熱凝固させることで、病気の進行を抑えます。

  • 眼底カメラ

    眼底カメラ

    眼底と呼ばれる目の奥の部位を撮影するカメラです。眼底にある血管や網膜、視神経の状態を鮮明な画像で確認できるため、緑内障、眼底出血、網膜剥離などの検査に使用します。

  • 高圧蒸気滅菌器

    高圧蒸気滅菌器

    より安全・安心な治療を行うために、器具や機器に付着した微生物・ウイルスを、高圧蒸気によってしっかりと死滅させる最新型の減菌器を導入しています。

  • カセット式卓上型高圧蒸気滅菌器

    カセット式卓上型高圧蒸気滅菌器

    術式の変更などで、手術中に減菌が必要となった場合に使用します。最短9分(未包装・Nサイクル・連続運転時)での滅菌が可能で、より安全・円滑に手術を行うことができます。

  • 液晶視力表

    液晶視力表

    大型の液晶モニタに視力表が表示されます。従来の5m視力表 では表示不可能だった、0.1以下の視力視標も表示可能。視力の低い患者さんもスムーズに測定できます。

  • 視力検査装置

    視力検査装置

    モニタに映し出されるランドルト環(「C」に似たマーク)を識別して、視力を測る機器です。座ったまま検査を受けることができ、従来の視力表による検査より正確な検査が可能です。

  • 手持眼圧計(icare200)

    手持眼圧計(icare200)

    ハンドタイプの眼圧計です。検査機器に顔をのせるのがむずかしいお子さんや、従来の空気圧をかけて測定する方法が苦手な方は、こちらの使用をご所望ください。

  • スポットビジョンスクリーナー

    スポットビジョンスクリーナー

    6カ月以降の乳幼児から成人までの視機能の問題(近視、遠視、乱視、不同視など)を数秒で、正確に検査することが可能です。直接目に触れることなく、約1メートル離れたところから行うので、負担やリスクがありません。

  • 中心フリッカー値測定器

    中心フリッカー値測定器

    光の点滅を見て、視神経に問題がないかを検査します。視神経は網膜がキャッチした情報を脳に伝える重要なはたらきがあり、炎症などがあると視力低下や視界の中心が見づらくなる症状が現れます。

アクセス

Access

〒536-0006 大阪市城東区野江4丁目4-15

駅からのアクセス

  • JR「野江」駅よりお越しの場合 徒歩1分
  • 京阪「野江」駅よりお越しの場合 徒歩3分
  • 地下鉄「野江内代」駅よりお越しの場合 徒歩8分
専用駐車場5台完備

専用駐車場 7台完備
(身障者用1台含む)

なかうち眼科クリニック 外観
診療時間
9:00~12:00 手術 ×
16:00~19:00 × × ×

休診日 / 水曜・土曜午後・日曜・祝日

※めがね・コンタクトレンズを初めてお作りになる方は、診療時間終了の40分前までにお越しください。

※メガネ、コンタクト処方をご希望で事前予約無くお越しの場合は、混雑の状況によっては時間内にお越し頂いた場合でも日を改めての検査になる場合がございます。あらかじめご了承ください。

※水曜日は手術日です。診療は行っておりません。

お問い合わせ

お問い合わせ

Tel
06-6933-1231

受付時間 9:00~12:00 / 16:00~19:00

ページトップ

文字サイズ

城東区野江「なかうち眼科クリニック」

〒536-0006 大阪市城東区野江4丁目4-15

tel.
06-6933-1231
診療時間
9:00~12:00 / 16:00~19:00
休 診 日
水曜・土曜午後・日曜・祝日